Calendar

<< 2019/8  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

うれしいニュース

2019.08.13 (火)

残暑厳しい日々が続きます。皆様、いかがお過ごしでしょうか?

さて、劇列車は怒涛のような日々を送っています。一回一回の巡回公演やワークショッブに最善を尽くすことに精一杯です。

しかし、つかの間のお盆休みに入り、ほっと一息。
今日はうれしいニュースをお知らせします。
9月23日開催予定のワークショッブ「親子であそぶ人形劇がっこうinちくしの」の開催告知が、広報ちくしの8・15号に掲載されました。

筑紫野では2年ぷりの開催。2年前はチラシ広報のみの開催であったため、ずいぶんと心細い広報でした。

だから今年の開催にあたっては、事前に筑紫野市役所にも相談に行き、市役所広報紙にも載せてくれるように相談をしていたのでした。
それが実って、今日の広報ちくしのに掲載されたのです。

ささやかなうれしいュースです。けれども、ささやかではあっても、私たちにはうれしいビッグニュースなんです。

少しずつ何かが実りつつある。ほんとうに少しずつ、少しずつ。
そんなビッグニュース。

私は、人形劇ワークショッブが、子どもの発達に豊かに寄与することを確信しています。
だから、毎回ワークショッブ指導案づくりにも心血をそそぎます。

そしてやってみて、フィードバックをかけて、また指導案の改善に取り組む。これは授業づくりとまったく同じです。
かつて授業づくりに心血をそそいだように、ワークショッブに心血をそそいでいるのです。
(もちろんワークショッブは「あそびの中での発達」をねらったものですが…。)

そんな劇列車のワークショッブが広報され、少しずついろんな人びとの目にふれていく。
ほんとうに嬉しくて、ワクワクするではありませんか。

今日は、新作脚本にウンウン唸って取り組んでいます。合間の休憩時間にブログを書いてみました。

【釜】






どうでしたか?人形工作と人形劇あそび

2019.08.10 (土)

今日8月10日は、「作って楽しむ人形劇あそび!」(北野生涯学習センター主催)ワークショッブをやりました。
午前と午後に参加された皆様、やってみてどうだったでしょうか?

簡単なつくりの人形ですが、自分で演じる人形を作ってみる。
それを動かしてみる。
そして、そのおもしろさに気づいてみる。
そんな気づきがあってくれたらうれしいなぁ、と思います。

とっても便利になった現在の社会。お金を払えば、ほぼ何でも手に入る社会。ほんとうに便利になりましたよね。

けれど、何でも買ってすませていくと、人間ってだんだん受け身になっていくのです。受け身になるにつれて、感じとる力も衰退していくのです。
そう思います。

だから、自分で人形を作って動かして楽しむという行為は、大げさにいえば、自分を能動的にして自分の「感じとる力」を伸ばす良い機会だと思うのです。

そんな願いをもって、私たちはワークショッブに取り組んでいます。

とはいえ、せっかく足をお運びいただいた皆様です。まずは、「楽しかったぁ」「良かったぁ」と思える時間にすることも、とっても大切なこと。

参加された皆様、ありがとうございました。また北野生涯学習センターの皆様、たいへんお世話になりました。

【釜】






生き生きとした表情のこどもたち

2019.08.08 (木)

台風一過の昨日は、善導寺校区学童保育所での「注文の多い料理店」公演。

朝7時半。会場である学校の三階視聴覚室まで、大道具、あかりや音響機材、その他上演に使うモロモロの物を運びあげての準備からスタートしました。
おかげで、今朝は足のふくらはぎが、こわってしまい…。

でも、とっても素直に、だんだん食い入るように集中して観てくれました。こちらの疲れも吹き飛びましたよ。
ありがとうございました。

さて、8月10日は北野生涯学習センター主催「作って楽しむ人形劇あそび!」ワークショッブ。
どんな子どもたち、どんな方々に出会えるのでしょう?とっても楽しみです。
【釜】






上津学童保育所の皆さん、ありがとうございました。

2019.08.01 (木)

昨日(7月31日)は、上津校区学童保育所で「猫の事務所」公演でした。
この作品は、2月定期公演、7月「おやこ人形劇場」と上演をしてきましたが、子ども集団(学童保育所の子どもたち)の前での上演ははじめて。

集中して観てくれて、ありがとうございました。

そして、この作品の魅力と課題も、子どもたちの前で演じることで、くっきりと見えてきました。
ほんとうに、子どもたちの姿から学ばされます。

ようし。「猫の事務所」の次は8月20だ。見えた課題を解決して、次に臨もう。

作品は、お客様との関係の中で成長する。ほんとうに「そうだなぁ」と思うのです。

【釜】






ご観劇ありがとうございました~北野生涯学習センター

2019.07.28 (日)

昨日は、北野生涯学習センター『注文の多い料理店』公演。
ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました(^^)

宮沢賢治の書いた『注文の多い料理店』は、その魅力に惹かれた様々な表現グループが人間劇にしたり影絵劇にしたり音楽劇にしたり…と創作意欲を掻き立てられる作品です。
注文の多い料理店は、獣の命を奪うことを“楽しむ”2人の紳士が、獣たちから食べられそうになるという物語。
私たち劇列車も、人形劇という手法でその魅力をどう表現するか、せっせと稽古に励んできました。

公演終了後、会場の外で人形を持ってお見送りをしている際に、たくさんの方々が笑顔で感想をくださいました。
また、写真を撮りたいとお申し出くださった方々も多数いらっしゃり、大変うれしい限りです。

まだまだ発展途上にある私たち。至らないこともあったかとは思いますが、ご来場いただいたみなさまに楽しんでいただけていましたら幸いです(*^^*)

さて、次の公演は31日(水)。上津学童保育所へおじゃまいたします。
作品は『猫の事務所』。こちらも宮沢賢治作品です。
劇作品は、観ていただいている皆様と創り上げるもの。どのような出会いになるのか、楽しみです(^^ゞ

【尚】






ページ移動