Calendar

<< 2019/7  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

稽古の課題は?

2019.07.01 (月)

もう7月になりました。
皆様、いかがお過ごしですか?

劇列車は、7月8月に連続する「夏休みおやこ人形劇場」から巡回公演、ワークショッブに向けて、「猫の事務所」と「注文の多い料理店」二作品の鋭意稽古中です。

今回の稽古の課題は、二作品の表現力アップです。

といっても、抽象的ですね。まずは人形操作力のアップ。人形劇の魅力は、なんといっても人形が生き生きと生きているようにみえること。人形劇は、それが出来れば面白いのです。
(ここが俳優劇と違うところかな、と思っています)

次に人形遣いたちの間に、きちんと「対話」が成立していること。
(これは俳優劇と同じですね)対話が成立していれば、劇はそれだけで面白いのです。

私たちの人形劇は、ドラマとストーリーを軸にした人形劇です。「対話」は欠かせない課題です。

以上が、今回稽古の目標です。もちろん、これは一朝一夕にはいかない課題であることは、充分わかっているのですが…。
自覚的にとりくまなければ、いつまでもたどり着けません。

夏休みおやこ人形劇場ご観劇予定の皆様、楽しみにしていただければ幸いです。

また、今回は客席数を多く出来ず、観たいのに観ることができないお客様も大勢いらっしゃると思います。
次回に向けて、その対策も検討しております。
御容赦をお願いいたします。ほんとうに「なんとかしなければ…」と思っております。

【釜】