記事一覧

読み稽古を終えて

2013.10.03 (木)

「ゆきとかんたとももん爺」は、前回と今回で読み稽古を終えた。次回からは半立ち稽古。

今日の最も有意義な会話。それは「7歳のゆきは、あれほどの児童虐待を受けていれば、どこかで爆発するのでは?」というテーマでの会話であった。
なるほど、そのとおりなり。充実した会話で、ゆきを泣かすことに変更した。

一歩一歩、確実に稽古を進めていく。

【釜】






コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー