記事一覧

秋深まり通し稽古

2013.11.25 (月)

ファイル 1042-1.jpg

木の葉の色づきも深まり、冬もまぢか。初霜もおりた。

定期公演「ゆきとかんたとももん爺」まで二週間を切り、通し稽古が始まっている。
演技やシーンの掘り下げも、一部を除いて完了。今は芝居に音を組み合わせる段階に入った。
人形芝居と音は、相性のよいコンビらしい。生身演技より繊細な組み合わせが、芝居を引き立てる。
作られた音源の作り変えや、新たな音のきっかけが必要なことも見えてきた。

人形も本番人形を使った稽古に突入した。(もっとも彩色などはまだだけど)

12月1日曜日は、いよいよゲネプロです。公共施設に本番どおりの舞台を組んで、本番の流れで稽古が行われる。

お客様にも恵まれて、4ステージとも満席か満席に近くなりそうな気配です。

皆様、劇列車初の人形演劇へ、どうぞ足をお運びください。モノが作りだす味わいある表現を、お見せできると思います。

【釜】






コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー