記事一覧

夏の稽古はたいへんだけど…

2015.08.08 (土)

ファイル 1231-1.jpg

本格的猛暑到来。
皆様、いかがお過ごしですか?

さて劇列車は、8月11日の「ゆきとかんたとももん爺」巡回公演と14日の「でんでら山のふしぎ」巡回公演に向けて、本日は二作品連続稽古。

蝉時雨を聞きながらの稽古はステキなのですが、なんてたって暑い!ダラダラ流れる汗を拭きながらの稽古になりました。

劇を楽しみにしている子どもたちと、心イキイキする時間を創るために、手抜きはできません。
二作品目の稽古では、少しフラフラしながらも、しっかりと稽古を終えました。

子どもにとって楽しく、子どもを励ます作品づくりが劇列車活動の基本。

子どもの未来を守るためには、いま声を上げないといけないことも、一つや二つではない異常な事態が起きている中、何かしなければ!と気持ちも焦ります。

けれども、どんなに厳しい時代が到来し、周囲が変わってしまうことがあっても、作品づくりができる限り、私たちは、子どもに劇を届けていくのです。命と人を大切にする作品づくりを通じて、私たちは社会に参加し、人とつながっていくのです。

それが私の、私たちの、社会に生きる立ち方。

子どもたちの未来と平和を守るために、この国のあちこちで心を痛め、行動している地の塩たらんとしている無名の市民たち。
私も私たちも、同じです。全く同じなのです。

そんなことを思いながらの稽古。

さあ、8月の巡回公演に向けて、暑さに負けずがんばるぞ!

写真は、「ゆきとかんたとももん爺」の登場人物であるゆきチャンとかんたクンのツーショットですよ。

【釜】






コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー