記事一覧

たくさんの参加に恵まれて

2016.03.30 (水)

ファイル 1278-1.jpg

3月28日の「頓田の森ぴーすきゃんどるナイト」は、約80名の皆さんの参加で終えることができました。

夜須燎原太鼓の子どもたちや大人の皆さん、菜の花合唱団の皆さん、ご参加ありがとうございました。

また、様々なところから参加していただいた皆さん、お礼申し上げます。

どんなに少人数でもやる!と始めたぴーすきゃんどるナイトも、もう九回目。来年は十回目の節目を迎えます。

始めた頃の大変さに較べると、随分と楽に取り組むことが出来るようになりました。

頓田の森の悲劇は、そこで被爆した子どもの中に一人のコリアンの少年がいたことに目を向けると、この国が起こした戦争の加害性も見えてきます。

以前、済州島の劇団ザパリの皆さんが、森でサンドアニメーションをしていただいたことを思い出します。

済州島事件の悲劇を忘れずに表現活動を続けていたザパリの王さんのサンドアニメーションによって、3・27頓田の森事件と、4・3済州島事件がつなげられました。

一言も言葉によっては語られませんでしたが、韓国の優れた表現者が森でサンドアニメーションをした行為そのものから、この国が起こした戦争の重層性が垣間見えました。

頓田の森ぴーすきゃんどるナイト、子どもの平和な未来のための悲劇継承のつどい。
よりよいつどいを目指して、来年もがんばります。

写真は森でサックスを演奏する中原佐奈さん。小学生の頃から参加してくれています。
もう今年は二十歳。今年もありがとうございました。

【釜】






コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー