記事一覧

今日は秋月語りのまつり

2017.10.01 (日)

10月1日の今日は、第10回を迎えた「秋月語りのまつり」の日でした。

劇列車が、少人数でも出来る充実した表現を「ああでもないこうでもない」と暗中模索していた頃、朗読や紙芝居に活路を見いだそうとしていた時期がありました。

その苦しい頃に始めた「秋月語りのまつり」が、もう10回になりました。

少人数による充実した表現。
それを人形劇に見いだした今は「人形劇を天命」ととらえて、私たちは脇目もふらず、その充実に精進しています。

しかし一方で、朗読に精進していたからこそ、それが人形劇の台詞表現に生きてくるなぁ、と思うのです。
ほんとうに、無駄な寄り道ってないんですね。
しみじみ、そう思います。

さて、今回私たちは、新作稽古と10月巡回公演に向けて手一杯となっており、語りのまつりで実演する準備を取ることが出来ませんでした。

しかし、聞くだけも良いものですね。
出演していただいたSOACの皆さん、ほんとうに素敵な朗読をありがとうございました。

運営しながらも、ほんとうに良い時間を過ごさせていただいたと思っています。
実演された皆さんに、改めてお礼申し上げます。

【釜】






コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー