記事一覧

シーン連結へ

2018.12.25 (火)

冬至も過ぎ、いよいよ年末ですね。毎年、冬至が過ぎると昼が少しずつ長くなっていく。
その規則正しい変化に、地球の回転を感じます。
だから冬至や夏至は、私にとって、季節変化を感じる大切な日なのです。

さて、新作「異本・猫の事務所」は第4クールを終えて、シーン連結にやっと入りました。

稽古に時間がかかっています。

サブテキストの考察、演技のキャッチボール…と、
丁寧に積み重ねているのです。
そうすると、あら不思議!稽古場が「発見のための創造の場」になって、独特の空気が立ち上がってきます。

そんな丁寧な(でも精神的にも肉体的にもキツい)作品づくりによって、各シーンが、ほんとうに生き生きしてきています。

でも、どこかのシーンが生き生きしてくると、他シーンもそうしないといけない訳ですから、なかなか稽古が予定どおり進まない…。

【釜】






コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー