記事一覧

謹賀新年

2019.01.07 (月)

あけましておめでとうございます。

劇列車は新年から稽古。
5日の日は、新作の前半後半通し稽古をしました。
しかし!前半が「うーん」…。こうはならないはずなのに…。なぜ?何かがおかしい。
きのう6日の稽古は、その原因究明の稽古になりました。

原因を二点特定して、次回稽古への備えが出来ました。

さて、新年にふさわしくここは今年の抱負を。

今年に限ってのことではありませんが、劇列車の人形劇創造は「子どもにとって質の高い劇をつくる」ことを目指しています。

「質の高い」とは何か?
それは、社会を被う感受性や思考、価値観に抗して、違った感受性や思考、価値観を提示することだと考えています。
それによって、子どもの生活に長く影響を及ぼすことができるものを「質が高い」というのだ。
そう思います。

具体的には「あの時の劇で勇気が出た」とか、「あの時の劇をみた時間は、身体や心がうわぁと浮き上がるような素敵な時間だった」とか…。そんな劇を創ることなのだ、と思っています。

ここにアマチュアとプロの違いはありません。

ですから、私たちはずっと以前から「アマチュア」と言った自己規定を拒否してきました。
むしろ、積極的に自らの「アマチュア性」を否定してきたのです。
一方で職業化すること(=プロ化すること)も否定してきました。

「アマチュア」という自己規定を拒否することで、この言葉で自分たちのことを説明した時に生まれる、ある種の甘えを拒絶してきました。
「プロ化」を否定することで、私たちの児童演劇運動の純粋さを守ろうとしてきました。

繰り返しますが、質の高い子どもの劇創造に、プロもアマチュアもないはずなのです。
そう確信しています。

変な言い方になると思いますが、プロ以上に真剣に劇と向き合い、真剣に稽古に臨んできたつもりです。

そしてヒエラルキーの観点に囚われて、私たちを見下すプロに対しては、断固とした反撃を加えてきました。

でも世の中には、プロとアマチュアといった規定を拒絶した時、ほんとうに私たち自身を説明する言葉がないんですね。

ですから「非職業劇団」と名乗ってきました。なんだか座りの悪い言葉なのですが…。

さて一方で、私たちは謙虚であるつもりです。
自分たちの達成できている水準を、いつも客観的に測ろうと試みていますし、抱負に掲げた目標は、まだまだ遠い彼方にぼやけて見えない段階であることも自覚しています。
要するに、まだまだの段階であることもよくわかっています。

さて、以上は創造面での話。
劇列車は、一般的な劇団ではありません。
ワークショップも含めて「子どもの発達に演劇の力を活用する児童演劇運動体」です。
今日書いた抱負は、あくまで創造分野の抱負です。

さて皆様。2019年も劇列車の歩みを温かく見守っていただければ、こんなに嬉しいことはありません。

【釜】






コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー