記事一覧

大人のための人形劇学校~終了しました

2019.06.09 (日)

昨日と今日の2日間は『こどもと関わる大人のための人形劇学校』。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。お疲れ様でした(^^)

1日目は、人形劇の理論的な裏付けから人形づくりと人形操作の基本を学びました。
2日目の今日は、グループに分かれて短い劇づくり。演じる役、演出する役を交代でやってみました。

今回のワークショップでは、靴下人形を使って演じました。
生きていない“物”がまるで生きている“者”のように見える…そのために、自分の腕をコントロールする難しさと楽しさを、これでもか!というほど味わうことができました。

知れば知るほど奥の深さを感じる人形劇。
大人だって夢中になってしまいます。もちろん、子どもたちが夢中になるのもよくわかります。
この2日間を終えて、早く子どもたちの前で人形劇をやってみたいとの感想もいただきました(^_^*)

人形劇って、そこにモノがあればあっという間にできてしまうんです。
子どもたちからみて身近な大人が、身近な材料で“生きてるもの”を演じたら、それはもう一瞬で和やかな雰囲気が出来上がりますね(^^)
そんな雰囲気の中で行われる対話は、子どもにとってすごく素敵な時間になるんだろうと思います。
今回のワークショップは、張り切って人形劇をしようと思う人にも、気軽に日常の保育の中に取り入れたいと思っている人にも、すぐにでも実践できる内容でした。

充実したワークショップを行ってくださった、講師のくすのき燕さん、本当にありがとうございました。

人形劇をやってみたいと思う大人がもっともっと増えたらうれしいなぁ。
そんなことを思い、また大人向けの人形劇ワークショップを開催したいと思ったところです。

今回、残念ながら参加できなかった方々も、次回開催時にはぜひ(*^_^*)

【尚】






コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー