記事一覧

ちょうふく山のやまんば、最終段階へ!

2020.01.22 (水)

新作「ちょうふく山のやまんば」は、いよいよ最終段階の稽古に入ります。2月23日日曜日の第21回定期公演が初演です。
ぜひ皆様、お越しください。
久留米市石橋文化会館小ホールです。詳しくはHPにアップしています。

私たちは、人形も舞台も小道具もみんな手作りします。脚本も、もちろん手作り。
これには訳があります。

零から物語を立ち上げて、人形美術も舞台美術も音も明かりも、全部自分達で創るのには、訳があるのです。
安易に外注しません。

何故ならば、人間のもつ力を、人形劇づくりを通じて全面開花させたいのです。

人間は、年齢を重ねても能力を発達させることは充分に可能です。
また若くても眠っていた力を目覚めさせることは、充分に可能です。

それなのに、外注という人の力に頼って自らの能力を眠らせてしまうのは、もったいない。

もちろん全て手作りは、外注に比べて見劣りがするかもしれません。
けれども、手作りする分それだけ力がつきます。
作品に深い愛着も湧いてきます。

そうした努力の結晶が、観ていただける皆様に喜んでいただけるのなら、こんなに幸せなことはありません。
私たちは、そこに幸福をみているのです。

これを世間はアマチュアリズムと呼ぶのでしょう。私たちは、このアマチュアリズムを大切にしています。

アマチュアリズムには二種類あると思っています。
一つは上記の「良きアマチュアリズム」。もう一つは、悪しきアマチュアリズム。
「趣味である」と自己限定し、自己満足する。そこに甘える。

そんな悪しきアマチュアリズムを厳しく排し、「良きアマチュアリズム」を慈しむ。
それが劇列車です。

今回の新作「ちょうふく山のやまんば」も、そんな構えで創ってきました。
さあ、最終段階稽古。
頑張っていきますよ!
【釜】






コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー