記事一覧

主題の明確化

2020.01.30 (木)

今年はほんとうに暖冬ですね。日本列島近くでジェット気流が蛇行しているので、寒気が流れ込まないとのことです。
これも地球温暖化のせいでしょうか?

さて「ちょうふく山のやまんば」は、何回も通し稽古をしています。「猫の事務所」も、本日通し稽古を深めます。

いよいよ、劇の主題に迫る稽古に入ってきました。もちろん主題はいつも意識されているのですが、稽古で生まれる様々な問題群に、忘れがちになったりもします。
ですから、しっかり時間をとらなければ…。

「ちょうふく山のやまんば」の主題は「みんなという問題を解決する」です。

私たち日本人は「長いものにまかれがち」です。
そこから集団のゆがみが生まれます。
かつては戦争に流されました。今は「もの言えない職場や学校」にまかれています。
いまも昔も日本人は変わらない。
民話だってそうなのです。日本人のゆがみが物語に刻まれています。

そんな主題をはっきりとさせていく作業が、主題の明確化なのです。

それは「対話」の中にしかない。対話をきちんと成立させる。つまりはドラマを成立させる。
それこそが主題を浮き上がらせてきます。

それを音や明かりでフォローする。
それが主題に迫るということなのだ、と思っています。

面白くスリリングな作業ですが、しんどい作業でもあります。

さあ、今日も稽古。頑張ろう!

【釜】






コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー