記事一覧

P新人賞最終選考会について

2023.01.21 (土)

皆様、いかがお過ごしですか?
今日は、お知らせが後手になっていましたP新人賞最終選考会について、皆様に御紹介したいと思います。

P新人賞?
なにそれ?

そう思われる方も多いのではないでしょうか。
P新人賞のPとは、人形劇(パペット)のP、オブジェと身体によるパフォーマンスのPを意味します。

P新人賞は、2011年度に愛知人形劇センター様が主催して開始された
「人形劇ジャンルの明日を担う斬新な才能を発掘するため」の全国的なコンクールです。
要するに、人形劇を超えた人形劇表現を目指す表現者たちのコンクール。そう理解するのが、分かりやすいかもしれません。

今年度「P新人賞2022」では、一次選考を通過した私たち劇列車と、同じく神奈川県と愛知県からの出演者、併せて3団体(個人)が、新人賞獲得を目指して最終選考会にて上演します。
名古屋市ひまわりホールでの最終選考会です。
皆様、よかったらお越しください。

といっても、福岡から名古屋は遠い…。
名古屋市周辺にご友人やお知り合いがいらっしゃれば、よかったらお声かけいただければ助かります。

さて劇列車は、2月18日(土)19日(日)の最終選考会に向けて、いま「どんぐりと山猫というはなし」の全面改作にてんてこまい中です。
最終選考会は、劇列車に創造的刺激を与えてくれました。

じつは、このP新人賞第一次選考ではコテンパンに叩かれました。
しかし叩かれなければ、今回の「どんぐりと山猫というはなし」全面改作に取り組むことはなかったと思います。

叩かれるということは、悪いことではないのです。
むしろ望ましいことです。
表現者であれば、積極的に叩かれる場に身をさらすべきと断言出来ます。

それはどうして?

叩かれることで、表現が揉まれるからです。
そして揉まれる中でしか、表現は豊かに鋭くなっていかないからです。
叩かれることを怖れてはなりません。
これは古今東西にわたっていえる真理です。

私たちには、描き出したいものがあります。
それは社会の多くの人には見えにくい問題群。
だからこそ、「どんぐりと山猫」に取り組んで2年半、タイトルも「どんぐりと山猫というはなし」に変えながら、改作に継ぐ改作に取り組んできたのです。

揉まれることで、自らが描き出したいものがより鮮明にシャープになってくる。
そう実感しています。

(これは自画自賛?いやいや、そう思えて仕方がないのです)。

そして稽古では、ゾクッとするほどの創造的楽しさを感じるようになりました。
私たちは、そのような中から生まれ出た「どんぐりと山猫というはなし」全面改作版にて、P新人賞最終選考会に臨みます。

3月5日の石橋文化会館小ホールでのおやこ人形劇場では、このP新人賞最終選考会バージョンを上演致します。
皆様、御覧いただければ幸いです。

【釜】






コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー