記事一覧

殺し合いをしないために~8.30国会10万人・全国100万人大行動

2015.08.30 (日)

本日は、「8.30国会10万人・全国100万人大行動」の日。
久留米でも、戦争法案に反対する人々が400人近く東町公園へ集まりました。

「戦争法案。今すぐ廃案!」「命を守れ!」「未来を守れ!」
いてもたってもいられない市民の声が、久留米市街に響きました。

私たちもデモに参加させていただきました。
青年たちが運営スタッフとして駆け回り、戦争体験世代が自分の体験を語り・次世代を励まし、親世代が子どもと一緒に声を上げ、子どもは戦う親の姿を目に焼き付け…4世代が一堂に会して声をあげました。

国会前には12万人が集まった様子。
久留米につどった400人も、一人ひとりの命。
国会前につどった12万人も、一人ひとりの命。
全国各地で声をあげた人たちも、数値では表せない一つひとつの命。
ありきたりな表現ですが“代わりのない”命です。

あなたが死んだら、私が悲しむ。
私が死んだら、あなたが悲しむ。
だれ一人として、「死んでいい命」なんてありません。

「殺していい理由」なんてないし、「殺されていい理由」なんてあるわけないんです。

保育園のころ「カッとなっても友だちを叩かない」「人間なんだから口を使って伝えなさい」と、繰り返し言われました。
…当たり前のことですよね。

殺し合いをしないために、させないために、今、声をあげなければ。

戦争法案、ゼッタイ止める。

【尚】