記事一覧

今日は頓田の森ぴーすきゃんどるナイト

2019.03.27 (水)

ファイル 1499-1.jpg

今日は3月27日。74年前の今日、頓田の森で子どもたちが爆死した日です。
頓田の森ぴーすきゃんどるナイトは、今年で12年目を迎えました。
この日に集まり、歌やおしゃべりや演奏をしながら、頓田の森で亡くなった子どもたちを思い出す会。
森にたった1発の爆弾が落ちなければ、当たり前に生きることができていれば、『子どもたち』ではなく『おじいちゃん・おばあちゃん』と呼ばれていたはずです。

74年経ち、森で亡くなられた方々の顔や性格を直接的に知る人はとても限られた人数になってしまっています。
太刀洗空襲を体験した方々から、直接お話を聞けることも限られてきました。
私自身、平成生まれです。直接的に戦争体験を聞ける最後の世代として、足元にあった戦争の記憶をどう受け取り、どう考え、そしてどう未来を作っていくのか…記憶を受け取る側の重責を感じます。

だから、おへそを向けて真正面から記憶を受け取りたい。
受け取った記憶を、他のみんなと共有したい。
そんな気持ちでこの会に臨んでいます。

本日お集まりいただいたみなさま、お疲れ様でした。
また来年も集えることを楽しみにしております。

写真は、シイの木のモチーフ。参加者にメッセージを書き込んでもらいました。
製作は頓田の森ぴーすきゃんどるの会の中原さん。一人一人が思いを表現することができる場となりました。ありがとうございました。

【尚】