記事一覧

頓田の森ぴーすきゃんどるナイト2021

2020.11.24 (火)

頓田の森ぴーすきゃんどるないと2021の準備が始まっています。
先週の日曜日、今年の3月をふまえて来年どうするかを、集まって話し合いました。

森に爆弾が落下してから75年。
頓田の森事件を体験された方々、あの時代を生きた方々は、そのほとんどがお亡くなりになられました。直接体験を聞く機会は失われつつあります。
記憶を継承していくために、どのようなことができるのか。

「場」がもつ記憶というものが、確かにあると思います。
直接体験を語ることができる“人間”が残念ながら減ってきているいま、事件が起こった直接の“場所”が発する意義とは。

「戦争遺跡」という言い方が適切かどうか迷いますが、3月27日その日に、森に集うことが――
その森で一発の爆弾で亡くなった31名の子どもたちの記憶を新たにすることが――
大きな意味をもつような気がしてなりません。

2021年の開催に向けて、準備が始まっています。

【尚】