記事一覧

市民人形劇学校~実技編、受付開始

2021.12.10 (金)

師走に入りました。鹿の鳴き声が減り、梟の声が聞こえるようになりました。
今年も残すところ、20日です。

さて、市民人形劇学校~実技編のお申し込み受付を、開始しております。

この実技編は、日本の子どもたちから絶大な支持が寄せられてきました短編人形劇「なかよし」を、参加者の皆さんが上演できるようになるワークショップです。

好評を得ました市民人形劇学校~研究・実践交流編から、打ってかわってたいへん実践的なワークショップになっております。

人形劇の考え方のレクチャー、上演実習、上演を支えるための簡単な舞台づくりまでを、3日間で行います。

場所は石橋文化センター共同ホール研修室。参加費は3日間通し参加で千円です。
詳しくは、HPにアップしております。
よかったら、覗いてみて下さい。

子どもたちの前で人形劇を演じてみたい大人の皆様、人形劇とはどういう表現なのか関心のある皆様、参加をお待ちしております。
どなたでも参加できます
。きっと充実した時間になることと思っています。

私たちは、子どもの文化環境を耕し続けてきました。
子どもの文化は子どもたち自身のものであることは間違いないことです。一方で、子どもたち自身の文化を触発する(耕す)大人たちの存在が、ぜひとも必要なのです。
そのための市民人形劇学校~実技編です。

お申し込みは、メールまたはファックスにて受け付けております。
御検討いただければ幸いです。

【釜】