記事一覧

パペットシアターPROJECT第一弾開催!

2022.10.22 (土)

昨日は、今年のパペットシアターPROJECT(ちくご川コミュニティ財団子ども若者応援助成)第一段!

福岡市のフリースクール「みんなの学び館」に通う子どもたちへの人形劇観劇支援でした。
場所は、福岡市のふくふくプラザ。

午前は人形ワークショップ。
子どもたちの作る人形の、それはそれは個性的なこと!
今までのワークショップで、最も個性的な人形たちの数々。
楽しんで作る子どもたちのエネルギーで、会場にはムンムンの熱気が漂っていました。

午後は「どんぐりと山猫というはなし」観劇と対話のひろば。

特に劇の冒頭の「父と母」のシーンでは、息を殺してじっと舞台を見つめる子どもたち。
観劇している子どもたちの誰もが、同じような体験をしているようなのです。

観劇後の対話のひろばでは、打って変わって、積極的に自ら手をあげて発言する子どもたち。
そんな物怖じしない積極性に、内心ほんとうに驚きました。
「自分の中の固定概念が…」と発言する小学生。
とても感受性が鋭く、語彙も豊富。
とても小学生とは思えない優秀さ。
こちらも舌を巻きました。

けれども観劇アンケートを読むと、文字の行間にそんな子どもたちの心の痛みが読みとれるのです…。
隙間から透けて見えてくるのです。
痛々しいほどに傷ついている、当事者にしかわからない。
そんな痛みが読みとれるのです…。

そんな風に進んだパペットシアターPROJECT第一段、「みんなの学び館」公演。
楽しんでいただけましたか?

人形ワークショップから観劇と対話のひろばまでのフルバージョン。
私たちもヘロヘロになりましたが、みんなの学び館スタッフの皆様も、大変だったと思います。
いろいろありがとうございました。

やるまではとても大変なのですが、やってみると、やはりその意義がダイレクトにからだに入ってきます。
そして、いい時間が流れ出すのです。
そんなステキなパペットシアターPROJECT。

関係された皆様、ボランティアの方、そして何より参加してくれた子どもたち。

ありがとう。

じつは、君たちが熱心に観てくれて、心を開いて生き生きと発言してくれたから、作品を創った私たちも深く呼吸が出来るようになるのです。
ここだけの話しだけどね…。
(これは内緒です)。

だから、子どもたちに御礼が言いたいのです。
私たちは子どもたちを支援しているつもりです。ですが、じつは子どもたちから支えられているのかもしれません。
いや、きっとそうなのでしょう。

だから、子どもたちにありがとうと言いたいのです。

【釜】