記事一覧

ハンガリーの人形劇「ミクロポディウム」久留米公演!

2023.11.10 (金)

落ち葉の季節になりました。風にカサカサと鳴る落ち葉に、冬の到来を感じます。

さて今日は、ハンガリーの人形劇「ミクロポディウム(小さな舞台)」久留米公演の情報公開をいたします。

1月18日(木)石橋文化会館小ホールにて、大人の部17時から、ファミリーの部19時からです。
(詳細は添付しているチラシを御覧下さい)。

ハンガリーから来日されるのは、長年ブダペスト国立人形劇場の主力俳優であられたレナート・オンドラシュさん。
人形操演の超絶技巧と世界各地でのフェスティバル参加によって、ハンガリー政府から人間国宝に指定された人物です。
その日本全国ツアーの一環としての、久留米公演です。

同時上演作品は、日本の人形劇の第一人者くすのき燕さんの「さんまいのおふだ」。

劇列車は、久留米連合文化会有志の皆さんと協力して、市民実行委員会を結成して久留米受け入れの準備を進めてまいりました。

ハンガリーを含め東ヨーロッパは、人形劇の宝庫といってよいお土地柄。
チェコを代表として、民衆文化に根ざした人形劇文化が花開いています。
その意味で、日本の現代人形劇とはまた違った作風と歴史の上に立って、様々なスタイルの人形劇が上演されているそうです。
楽しみですね!

チケット販売開始は11月26日から。
皆様に是非御覧いだきたいと思っております。
アフタートークは通訳付きです。言語を使用しない上演ですから、言葉の壁はありません。

1月18日は、是非石橋文化会館小ホールへ足をお運び下さい。
公演詳細はこちらから。

【釜】