記事一覧

CD「宮沢賢治ひとがたり〜林洋子

2009.02.03 (火)

半月がきれいな夜空です。
きっと明朝は寒いのでしょうね。まっくらくらの夜明け前のジョギングも、もう一年。
地球の鼓動を感じます。

さて、今日は感激。クラムボンの会、林洋子さんの宮沢賢治ひとがたりを一度聞きたいと思っていたのですが、CDにて実現したのですから。

聞き惚れるとともに、勉強になります。
また、タンバリンという素朴な打楽器が、異様な迫力を持つことも発見。

よだかの星が、音声を介して素敵にふくよかになっておりました。
あらためて、朗読の持つ可能性を再発見して、なんだか楽しい気分が心に滲みてきます。

【釜】