記事一覧

民話と紙芝居

2009.02.23 (月)

紙芝居には民話がよく似合う。今日「六月のむすこ」「雪女」の紙芝居を研究しての実感です。

民話には磨き抜かれた強靭な物語性があります。
それが、単純化と簡素化を旨とする紙芝居との相性のよさでしょうか。

紙芝居は12枚か16枚で語り尽くす物語ですから、単純化簡素化することで成り立つジャンルです。

それは、奥が深いことと矛盾するものではありません。

そもそも民話とは何か。
「伝授された口頭言語による物語」「この世界に呼吸している私たちの心の表現」なのです。

決して古くさい物語ではなく、学校の怪談だって立派な現代の民話。

民話に取り組む時は、そのくらいは押さえてかからないと、アプローチを誤るのではないでしょうか。

くれぐれも「民話=身近で親しみやすい物語」などと、安直な理解はしたくないものですね。

【釜】