Calendar

<< 2018/9  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

九州へ向かいます~いいだ旅日記

2018.08.14 (火)

ファイル 1463-1.jpg

昨日は京都泊。無言館(長野県上田市)からの移動でしたので、渋滞にはまりながら夜11時に到着(*_*)
今朝はゆっくりして、いよいよ九州へ戻ります。
写真は昨日の高速で。伊勢湾岸自動車道を通ったら、ちょうど花火があがっていました(*^^*)

【尚】






無言館見学~いいだ旅日記

2018.08.13 (月)

ファイル 1462-1.jpg

2時間かけて無言館見学終わりました。

充実した展示。独特のオーラが立ち込めた空間でした。
生きて画を描いていたい戦没画学生の生への意思。
彼らの画を保存してきたご家族の意思。

そして戦没画学生の画を集められてきた無言館の意思。

それらが無言館に立ち込めた、厳粛なオーラの正体なのかもしれません。

【釜】






今日は無言館へ~いいだ旅日記

2018.08.13 (月)

あっという間に終わったいいだ人形劇フェスタ。
劇列車は2日間の参加でしたが、みっちりと上演や観劇、資料館見学を行い、多くの学びを得ることができました。
さて、今日は長野県上田市にある無言館見学へ向かいます。
高い山々がたくさんそびえる信州長野。
県内移動であっても通るルートをどうするか…地元の方々に尋ねながら進んでいます(;^_^A

【尚】






人形館めぐり~いいだ旅日記

2018.08.12 (日)

ファイル 1460-1.jpg

糸操り人形館のあとは、川本喜八郎人形美術館を見学しました。
人形を見ているだけでは、なかなかわからない人形の構造がわかり、とても面白い体験となりました。

その後、黒田人形浄瑠璃伝承館へ。
写真は、併設された黒田人形舞台です。
伝承館は見学ができず残念でしたが、農村舞台のある土地の空気を感じることができました。

【法】






美術館見学へ~いいだ旅日記

2018.08.12 (日)

ファイル 1459-1.jpg

くすのき燕さんのワークショップで勉強して、竹田扇之助国際糸操り人形館を見学。

信州伊那地方の分厚い人形劇の伝統を感じました。

糸操り人形を使って遊んでみました!難しい…。

写真は、糸操り人形館の敷地内にある明治初めに建設された農村舞台です。

【釜】






ページ移動