Calendar

<< 2018/9  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

13時の回販売終わりました

2018.02.12 (月)

ファイル 1417-1.jpg

第19回定期公演「注文の多い料理店」、13時の回のチケット販売を終了しました。満席になったため、申し訳ございません。
16時の回のチケット販売は続けております。

なお13時の回は、かなり混雑が予想されております。
私どもとしましても、こちらから16時の回への移動をお願い出来る方には、お願いをしております。

チケットをご購入された皆様、もし「16時の回で良いよ」という方がいらっしゃいましたら、まだ空いている16時の方をお薦め申し上げます。

「注文の多い料理店」は、良い感じに仕上がり中です。
上演時間は、約45分です。
低年齢のお子様も、飽きずにご観劇できると思います。

ただし、途中怖いところがありますので、ご容赦下さい。

写真は、劇に登場する紳士人形です。
まだ目が入っていませんが…。

コートを着たこの紳士が、劇の進行の中で。肌着姿の人形に変わり、次には恐怖でしわくちゃ顔になった人形に変化していきますよ!

【釜】






今日の稽古は雪景色

2018.02.06 (火)

ファイル 1416-1.jpg

新作「注文の多い料理店」は、久留米大曲公民館を借りて、舞台をフル装備で建てての通し稽古に入っています。
なかなか良い感じですよ。

今日は秋月アトリエ山猫亭で、調整稽古とビデオによる通し稽古の様子確認です。

でも…、秋月に着いてみると、一面の雪景色!寒さもひとしおですが、とっても美しい。
思わず写メでパチリ!

さあ、今日も頑張ろう!
【釜】






いよいよ舞台稽古へ!

2018.02.01 (木)

ファイル 1415-1.jpg

2月になりましたが、寒い日が続きます。しかし日差しはだんだん春の日差しへ。春の兆しが見られるようになりました。

新作「注文の多い料理店」は、2月から舞台をフルで組んで、音も明かりも入れた稽古に入ります。

なかなか面白い作品に仕上がってきています。紳士という登場人物を人形で、山猫たちを仮面を被った人間が演じます。

人間を人形で、動物を人間が演じる逆転の発想が、成功しているように思います。

紳士たちの軽薄さが際立って見えてきます。

そして「食べる」つもりで入ったレストランで、「食べられそうになる」。その鮮やかな逆転も、なんとか描けているような…。

自画自賛かもしれませんが、ホラー的な物語に込められた奥の深いテーマに、少しは接近できているように思います。

小さな子どもたちにも、十分楽しめると思いますよ。

さあ、舞台稽古に頑張っていきましょう!

写真は組み上げてみたレストラン「山猫軒」の舞台。

みなさん、お楽しみに!

【釜】






注文の多い料理店の紳士でーす!

2018.01.21 (日)

ファイル 1414-1.jpg

新作人形劇「注文の多い料理店」は、都会の紳士が深い山奥のレストランで、怖い目にあうお話です。

そもそもレストラン自体、山猫(化け猫)の妖術で森に現れる幻のレストランということも出来ます。

さて写真は、物語に出てくる都会の紳士たちです。
コートを羽織って、座り込んで一休み中の紳士をパチリ!

人形劇の着色や髪の毛はまだですが、稽古でもはや大活躍中ですよ!

【釜】






動き出したきゃんどるナイト

2018.01.18 (木)

14日の日曜日に、朝倉市のフレアス甘木にて、第11回頓田の森ぴーすきゃんどるナイトの打ち合わせ会をしました。

地元、大刀洗空襲頓田の森事件の戦争悲劇を忘れないための市民の集いが、ぴーすきゃんどるナイトです。

この事件を描いた劇を公演したことがきっかけで始めたきゃんどるナイトも、11回目です。
ということは、あたりまえのことですが、もう11年目となるんですね。

今年からは、主催が「舞台アート工房・劇列車と市民の会」から、「頓田の森ぴーすきゃんどるの会」に変わります。

いろんな方々との共同で開催できるようになってきたため、それにふさわしい名前に変えたのです。

もちろん劇列車は、これからも関わり続けますよ。

戦争の記憶が遠のくと、それは平和の危機。子どもの健やかな成長の土台は、平和にあります。

子どもの成長に演劇を通じて関わり続ける私たちは、平和を大切にしたいと思っています。
それが劇列車の原点です。

事件を描いた劇を終演してからずいぶん年月が経ちますが、子どものために平和を大切にするスタンスは、これからもブレたくないものです。

今年の開催も悲劇が起きた日である3月27日。
事件の地元、朝倉市立石コミュニティーセンターと頓田の森にて、二部構成で開催します。

さあ、第11回目の準備がスタートしましたよ!

【釜】






ページ移動