Calendar

<< 2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

着々と!

2018.04.15 (日)

桜が散った後は、きんぽうげ、野あざみ、しゃがの花と次々に花が咲きます。一年の中で最も好きな季節がやって来ました。

さて、新拠点「山猫舎」の第一次整備を本日で終えました。巡回公演に備えての作品毎の物置の整備までを行い、ここからは、備品などの購入整備を進めていきます。

そして、新年度の巡回公演オファーも、ちらほらと入り始めました。

新年度事業計画や予算などの協議、編成もほぼ終わりを迎えてきています。
じっくりと腰を据えてのミーティング議題は、「準劇団員制度」導入と、後は第20回公演の作品選定についてを残す
のみ。

さて、そろそろ稽古再開の時期が迫ってきました!

【釜】






「アトリエ山猫舎」

2018.04.08 (日)

ファイル 1427-1.jpg

先日の春の嵐で、すっかり桜が散ってしまいました。
葉桜となった新緑が美しい(^^)早くもハナミズキが見頃です。

さて、新年度に入ってからはひたすらミーティング。
新中期ビジョンへ舵を切って行くために、検討する議題は山積みです。

2018年度の巡回パンフレットも新しくなりました!
本日は、その発送作業も行いました。ホームページも更新していますよ(^^)
2018年度の巡回作品紹介

午後からは、倉庫整理。新しい作品の道具を整理するために、過去の大道具などを一掃!
先週からの作業で、ようやく目途が立ってきました。

写真は、新しい拠点「アトリエ山猫舎」の看板!
看板もかかり、劇列車は新しい展開へいよいよ本格始動です!

【尚】






新しい年度のはじまり

2018.04.02 (月)

4月、花香る季節がやって来ました。
桜も葉桜に。桜が散るときんぽうげが咲き始めます。今からは、次々に花咲く季節、楽しみですね。

さて、新しい年度が始まりました。
劇列車にとっては、仲間の輪を広げていく5ヶ年計画のはじまりの年。

作品創造の力が高まりお客様も増えてきている中、子どもに優しい地域社会づくりを演劇の力を使って目指していく。
その大きな目標に向か事業に、本格的に取り組んで行きたい。気持ちを新たにして、4月を迎えました。

とはいえ、地道な一つひとつの積み重ねしか道はないのです。遠い目標であっても、一歩一歩歩むしかないのですから。
それは何をやるにしても同じ。誰かが便利な乗り物に乗せてくれるわけではありません。
私たちが、一歩一歩歩くしかないのです。

一歩一歩の歩みは、そこだけとらえれば、それが何につながるのかわからない。しかし、前を向いて眼差しを遠くに向けていれば、その一歩の意味が見えてくるのです。

さあ、新しい年度を歩み出しましょう。
失敗もたくさんするかもしれませんが、めげずにね。

もうすぐ、新拠点「山猫舎」の手作り看板が出来上がり。これも一歩一歩の一つですね。

【釜】






今日はぴーすきゃんどるナイト

2018.03.28 (水)

今日3月27日は、ぴーすきゃんどるナイトの日。

今年も第11回頓田の森ぴーすきゃんどるナイトを開催しました。

暖かい1日。桜も満開の中、太刀洗空襲頓田の森の悲劇を語り継ぐきゃんどるナイトが、無事に終わりました。

いつも述べていますが、過去の戦争を想起し、記憶しなおすことが、平和の土台を創ると思うのです。
終わって、ホッと一息しました。

来年は第12回目。今年の反省を含めて、またしっかりとやりたい。
威勢のいい言葉がはびこるようになって、これからのことが本当に心配になります。
子どもの未来のためには、来年も頑張ってやりたいですね!

【釜】






今年のぴーすきゃんどるナイト

2018.03.21 (水)

今年の頓田の森ぴーすきゃんどるナイトは、大刀洗空襲頓田の森の悲劇が起きた3月27日に、例年どおり開催します。

■場所
朝倉市立石コミュニティーセンター
■時間
19時から第一部(立石コミュニティーセンター)
20時から第二部(頓田の森)
■参加費
無料。(会を成り立たせるため寄付のお願いはあります)
■主催
頓田の森ぴーすきゃんどるの会
※今年から「舞台アート工房・劇列車と市民の会」から名前が変わりました。

広報範囲が、朝倉市筑前町となっているため、それ以外のエリアから参加される方々は、劇列車ホームページの催し案内が情報源になっていることと思います。

現在、劇列車が次年度の準備で忙殺されているため、ホームページに上げる準備が間に合っておりません。

とりあえずの情報源として、このブログ閲覧やFacebookをご覧下さい。

過去の戦争悲劇を振り返り、繰り返し心に刻むことは、子どもの未来を守る平和づくり。
そんな趣旨を毎年確認しながら、今年もぴーすきゃんどるナイトの具体的準備が始まりました。

ご関心のある皆様、足をお運びいただければ幸いです。

【釜】






ページ移動