Calendar

<< 2019/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

新作はちょうふく山のやまんば

2019.09.19 (木)

今年度の新作は「ちょうふくやまのやまんば」です。
3年ぶりの民話人形劇の仕込み(製作のこと)です。なんだか新鮮に感じます。

「ちょうふくやまのやまんば」は、ご存じの方も多いのではないでしょうか?
松谷みよ子氏が「やまんばのにしき」とタイトルを変えて再話した、あの民話です。
秋田の豪快な民話。あっと驚くやまんばが登場します。
やまんばが山の神であったことを、思い出させてくれる民話です。

昨年が「高学年向き」だったので、ちょうふくやまのやまんばは「低学年から幼児向き」。
じつは、こちらの方が難しいのです。
「シンプルに簡単であること」と、「大人も納得する深さ」を併せ持つ作品は、一朝一夕には出来ません。
今年も挑戦が続きます。

それだけでなく、表現上の実験も続きます。
「ペープサート人形の活用」や、「シンプル生楽器の使用で舞台効果をあげる」などなど…。

また幾多の壁を乗り越えていくのでしょうね。

初演は2月23日(日)石橋文化会館小ホールにて。
皆様、お楽しみに。

巡回公演に備えて、2月10日には上演できるように完成させる予定です。
【釜】






募集定員に達し、募集を終了します!

2019.09.06 (金)

「親子であそぶ人形劇がっこうinちくしの」の御案内をアップしたばかりですが、あっという間に募集定員に達してしまいました!

まだまだゆとりがあったのですが、お申し込みが相次ぎ、ほんとうにあっという間に定員に達してしまいました。
これからのお申し込みをお考えだった皆様、誠に申し訳ありません。
募集を打ち切らせていただきます。

来年も筑紫野での人形劇ワークショッブを企画しております。
ゆめ基金助成が必要な企画ですので、助成が認可された場合の企画実施となりますが、助成認可がとれるように充実した企画をつくり、申請するつもりです。
誠に申し訳ありません。

劇列車としましては、来年2月23日(日)に、新作定期公演「ちょうふくやまのやまんば」を予定しております。
久留米市の石橋文化会館小ホールでの開催です。

筑紫野、大宰府、春日、大野城地域の皆様には、いささか遠方での開催であり恐縮ですが、よかったらお越しくださいませ。
ワークショッブではなく人形劇の公演ですが、それでよろしければ、心よりお待ちしております。
公演時間などの詳細は、近づきましたら、ホームページ上にアップいたします。

【釜】






親子であそぶ人形劇がっこうinちくしの申込受付中!

2019.09.05 (木)

もう9月になりました。
残暑が続きますが、夜は虫の音に秋を感じます。皆様、お元気でお過ごしですか?

さて、9月23日は「親子であそぶ人形劇がっこうinちくしの」(子どもゆめ基金助成)の開催日です。

人形をつくって、つくった人形で人形劇あそびにチャレンジ!そんな楽しいワークショッブです。

場所は筑紫野文化会館研修室。13時~15時半までです。参加費は子ども200円、大人400円。

小学生とその保護者対象です。

御関心のある皆様、ふるって御参加ください。
申込受け付けは始まっています。
お申し込みは、劇団HPから出来ますよ。

【釜】






夏の巡回、一区切り

2019.08.24 (土)

昨日は金島ふれあいセンターで、金島校区まちづくり振興会主催による「猫の事務所」公演でした。人権講座の一環としての公演です。
見ていただいた皆様、ありがとうございました。
また、まちづくり振興会の皆様、たいへんお世話になりました。

これで夏の巡回公演は一区切りがつきました。
一ヶ月に5回の公演と2回のワークショッブ。怒涛のような日々でしたが、たくさんの皆様に出逢えました。
そして、劇列車公演を企画されたいろんな場所の様々な方々。
そんな方々と出逢えたことも、喜びのひとつでした。

つくづく思います。演劇公演とは、作品上演を通じての「広場づくり」なんだと。

さて、秋から来春に向けて、劇列車は走り続けまします。
やるべきことは次のとおりです。

†あと5回†6回と予想される巡回公演。
†新作稽古のはじまりと完成。
†あと2†3回と予想される人形劇ワークショッブ。
†来年度助成金を申請する企画の仕込み。

盛りだくさんですが、ひとつひとつに丁寧に取り組みながら、2019年度を走り抜けたいと思うのです。

【釜】






大橋と草野の学童保育所合同公演

2019.08.21 (水)

昨日8月20日は、大橋校区学童保育所と草野校区学童保育所の合同公演でした。
演目は「猫の事務所」。

搬入にあたっては、朝の雨が心配でしたが、たたられることもなく、スムーズに進行。午後には両学童保育所の子どもたちの前で、演じることが出来ました。

とても反応のよい子どもたち。劇の中では、俳優1が演じる「頑固おやじ」に「ボクがやっつけてやる!」との声がかかりました。

そう声がかかるくらい、劇の中に没入していたんでしょうか?

終わってのお見送りの時に、私たちにいろんな声をかけてくれた子どもたち、ありがとう。

それにしても、久留米市内でも大橋町まで来ると、自然がいっぱい。雨上がりの耳納連山に心が癒されます。

【釜】






ページ移動