Calendar

<< 2018/7  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

22日にチケット販売開始!

2018.05.19 (土)

夏休みおやこ人形劇場は5月22日火曜日がチケット販売開始です。お早めにお求めください。

チケット取り扱い店は、石橋文化センター、岩田屋久留米店プレイガイド、久留米シティプラザ情報サテライトです。

または舞台アート工房・劇列車へメールまたはファックスでお申し込みもできます。

■夏休みおやこ人形劇場日時は、7月15日日曜日。11時、13時半、16時の開演です。【開場はいずれも30分前】

■演目は「注文の多い料理店」
■料金は、子ども400円、ファミリー大人600円、一般大人1000円、高校生500円。
3歳以下は無料です。

特に13時の回は、最も早く席が満席となります。また維持会員の皆様へは、
ご招待チケット郵送の件で、お問い合わせの葉書を郵送させていただいております。

皆様のご来場をお待ちしています!

【釜】






民話の本質をつかみ出して

2018.05.14 (月)

昨日の稽古は雨の中で舞台を組んでみました。

民話の本質をしっかりとつかみとり、それをしっかりと脚本に書き込み、そして稽古する。そんな稽古が出来るようになってきました。

民話の本質を見破りざっくりと取り出す作業は、結構眼力が必要な知的作業なんです。

そして、それを人形劇の特徴を生かした脚本にすることによって、稽古は結構緻密になります。
また道具の製作にも神経が払われるようになります。
彩り、丁寧な作業など、妥協を許さない。

フゥ…。充実した作業と稽古の日々です。

さぁ、20日日曜日は荒尾市妙国寺公演です!
ステキなイベントの中での上演。毎年子どもを対象にした楽しいイベントを企画してあるんですよ。

【釜】






稽古再開!

2018.05.07 (月)

2ヶ月の間、徹底的にミーティングを繰り返してきた劇列車。
これでもか、これでもかといった具合に、ミーティングに時間を割いてきました。
けれども、昨日から「タヌキとゆうれい」の稽古を本格的に再開。

注文の多い料理店を経て、タヌキとゆうれいに新アプローチの道が見えて、稽古がおもしろいんです。一方で人形の動きが繊細になって、稽古かが難しくなりました。

今回稽古再開は、5月20日熊本県荒尾市の妙国寺公演に向けてになります。子どもたちに喜んでもらえるように、最善を尽くして頑張ります!

妙国寺公演が終わると、次は夏休みおやこ人形劇場。注文の多い料理店の再演です。再び公演体制に突入しましたよ。
新作執筆が間に合わない…。

【釜】






総会終えて

2018.04.30 (月)

4月28日土曜日は、年次理事会と総会の日。
11名の参加によって、無事総会を終えてました。

今年度新規事業計画も定まり、後はスタートダッシュです。また次期中期ビジョン【新5ヶ年計画】も定まりました。

今年度の特徴は、演劇教育【児童演劇】の仲間づくり。それに伴い、維持会員制度の変更と、準劇団員制度の創設がメインとなります。

総会が終わってからは、恒例の懇親会。9名の参加で、一年に一度の再会を祝して近況報告。
賑やかで和やかな会でした。

理事会から総会、懇親会への参加まで、出席された皆さん、お疲れ様でした。今年の劇列車、一生懸命頑張って走ります。

【釜】






テーブル人形劇!

2018.04.23 (月)

ファイル 1429-1.jpg

今年度の人形劇学校は、「テーブル人形劇をやってみる」です。
もちろん、子どもゆめ基金助成がとれた場合の実施になりますが…。

テーブル人形劇で三びきのこぶたをやってみよう!といった内容プログラムになっています。

紙コップで作った人形をテーブルの上で動かして、みんなが良く知っている三びきのこぶたのお話を演じさせてみよう。

そんなプログラムになる予定です。

今はモデル上演に向けて、準備中。自分たちで上演してみると、いろんな課題が見えてくるのです。その課題を一つ一つ潰して、プログラム指導案を作成していきます。

さあ、いよいよモデル上演の試行錯誤に入りますよ。

【釜】






ページ移動