Calendar

<< 2019/8  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

てんてこ舞い

2018.12.04 (火)

久しぶりのブログになってしまいました。

てんてこ舞いしている間に、紅葉も終わりそうですね。
黄色や赤に美しく色づいた葉が散りおわると、冬到来ですね。

新作稽古は第4クールに突入しました。
舞台装置は、毎日のコツコツとした大工仕事の甲斐あって、製作開始から二ヶ月で、とりあえず組み立て完成。
今からは塗装作業と看板と仮面づくり。

稽古は12月中旬にシーン連結に入りたいところです。

毎日、てんてこ舞いしながら頑張っています!

【釜】






劇列車の実践が「演劇と教育」誌に

2018.11.19 (月)

劇列車15年の実践記録「子どものこころに種をまく~舞台アート工房・劇列車地域での演劇教育15年の歩み」が、日本演劇教育連盟の月刊誌「演劇と教育」11月12月合併号に掲載されました。

人知れず、トボトボテクテクと歩み続けてきた劇列車です。
15周年記録誌発刊ように書いた原稿が、掲載されたことは、1つの励み・支えになるものです。

もしご関心があり、取り寄せご希望の方は、晩成書房「演劇と教育」 2018年11月12月合併号で検索し、直接お申し込みください。

さて、新作「猫の事務所」は少しずつ進んで、
準備劇団員の米満さんを迎えて、フルメンバーで稽古開始。
いよいよ第三クールに突入しましたよ!

【釜】






来年度のワークショップは?

2018.11.14 (水)

来年度のワークショップ企画に対して、子どもゆめ基金に助成申請を終えました。

助成申請をしたのは、「親子であそぶ人形劇がっこうinちくしの」と「子どもと関わる大人のための人形劇学校」の2種類です。

「親子…がっこう」は、1日で人形工作から人形劇遊びまで体験するワークショップ。
「大人…学校」は、人形劇初心者向けに外部講師を招聘しての2日間の人形入門講座。

二つとも助成認可を受けて、ぜひとも実施したいワークショップなのです。

今年11月3~4日に終えたばかりの「親子であそぶ人形劇がっこう」(久留米)は今年の反省会を受けて、どんな企画にしていくか話し合いします。
そして、来年度6月に子どもゆめ基金に秋実施で申請するつもりです。

さて、どれもが助成認可が下りないと、実施が難しい企画です。
絶対に実現しようと、細心の注意を払って書類作成に臨みました。

今回申請の認可が決まるのは、来年3月下旬。
認可されることを祈っています。

だって、ワークショップをやってきて、ワークショップならではの「良い時間と体験」があることを、切実に感じているのですから。

【釜】






親子人形劇がっこう終了

2018.11.05 (月)

もう11月。秋も深まってきましたね。

11月3日†4日は、「親子であそぶ人形劇がっこう」を開催しました。子どもゆめ基金の助成を受けた企画です。

1日目は人形工作、2日目は道具づくりと、人形劇づくり。
有名な童話「三匹のこぶた」を、人形劇でやってみることに取り組んでもらいました。
場所は、石橋文化センター共同ホール研修室。

親子で人形劇をつくってもらう体験をしてもらうことで、子どもの遊びが豊かになるきっかけをつくること。よい親子関係づくりにつながること。

そんなねらいで、取り組みました。

参加された皆さんが工作に熱中し、人形劇を楽しそうに演じてある姿をみて、準備の疲れも吹き飛ぶような気持ちになりました。

ワークショップの主役は、参加された皆さんです。その時間を充実させ、ねらいを達成させるには、実施案の繰り返しの検討が必要なんです。

とっても準備に時間がかかる。
けれども時間をかけた分、参加者の笑顔が輝くことで返ってくるのです。

二日間参加された親子の皆さん、ほんとうにお疲れ様でした。
皆さんが楽しんである姿に、私たちも楽しくなりました。

【釜】






新作は第2クールへ突入!

2018.10.28 (日)

「注文の多い料理店」巡回公演を終え、ほっと一息。
しかし、新作稽古も本格化しています。
昨日は、新作「猫の事務所」を12時間稽古。

ヘロヘロになりました。

しかし稽古は第2クールへ突入。
一気に5プロットを稽古しました。第2クールは、立ち稽古の一巡目。
立ち稽古ですから、台本を外しての稽古です。

徐々に立ち上がってくる各プロットに、わくわくドキドキしながら稽古が進んでいます。

新作稽古は、試行錯誤の連続と、自分たちの限界を越えていく作業でもあります。

さあ、どんな舞台が立ち上がるのか?
皆様の心の琴線にそっと触れていけるように、頑張っています。

あさっては、親子であそぶ人形劇団がっこうの打ち合わせ。
こちらも参加される皆様に良い体験となるように、緻密な準備をしていますよ!

【釜】






ページ移動