Calendar

<< 2019/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

猫の事務所、いよいよ来週末公演!

2019.02.02 (土)

ファイル 1490-1.jpgファイル 1490-2.jpg

今日・明日は新作「異本・猫の事務所」の稽古。
朝から晩まで、キャストスタッフ集まって、あ~でもないこ~でもないと意見を交わしながら仕上げています(^^ゞ
その甲斐あって、どんどんイイ感じに仕上がっていますヨ!(*^0^*)

写真は、三毛猫・白猫と黒猫事務長。
2月10日(日)は13時16時の回ともに、まだ空きがございます。
ご興味のある方は、こちらからお申込みください
みなさまのお越しをお待ちしております(*^_^*)

【尚】






秋月保育所公演、終わりました!

2019.01.25 (金)

暖かい一日。今日は秋月保育所公演でした。

本日も6時半から搬入、仕込み開始。
子どもたちが喜んでくれた温かい公演になりました。
園長先生、二週連続で真っ暗なうちから園を開けていただき、ほんとうにありがとうございました。大変助かりました。
差し入れのおにぎり、とってもおいしかったです。

また北野生涯学習センターのご担当者様が、遠くまで見学にこられました。ありがとうございました。7月は、よろしくお願いいたします。

さて、次の巡回公演は3月26日、久留米東国分校区学童保育所「むかしむかしのお化けばなし」です。

でもその前に、いよいよ2月10日の第20回定期公演「異本・猫の事務所」。明日明後日と、公民館を借りての仕上げ稽古が続きます。
さぁ、明日も頑張ろう!

【釜】






人形演劇「異本・猫の事務所」

2019.01.21 (月)

ファイル 1488-1.jpg

新作人形演劇「異本・猫の事務所」の稽古も、いよいよ佳境に入っています。

土日は朝から晩までみっちり稽古。
お越しいただいたみなさんの心に届く作品に仕上げるためにはどうしたらいいか…
あーでもないこーでもないと議論を交わしながら、仕上げに向かっています。

写真は、主人公の「かま猫」。くりっとした丸目が印象的ですね(^^*)

【尚】






安川保育所公演終わりました

2019.01.18 (金)

今日は朝倉市立安川保育所で「むかしむかしのお化けばなし」公演。

朝6時半からの舞台仕込みでした。朝に家を出ると、まだ真っ暗。明けの明星がとってもきれいでした。

安川保育所の子どもたち、保護者のみなさま、先生たち。熱心に見ていただいてありがとうございました。
私たちも、喜んでいただけると疲れも吹き飛びます。

園長先生は、朝早くから保育所を開けていただき、ありがとうございました。
また、心づくしの差し入れもいただき、本当に感謝です。

一週間後には、今度は秋月保育所にて公演。
また頑張ります!

そして明日明後日は、新作「異本・猫の事務所」稽古。いよいよ公民館での通し稽古のはじまりです。いい感じになってきていますよ!

【釜】






頓田の森ぴーすきゃんどるナイト

2019.01.12 (土)

今日は午前中稽古。午後から「頓田の森ぴーすきゃんどるナイト会議」

今年で11回目を向かえるぴーすきゃんどるナイトも、戦争体験の忘却が加速度的に進むなか、ひとつの曲がり角にさしかかってきました。

戦争体験の忘却…。
それは体験を語る人が高齢化して減り、体験の継承が途切れていくこと。
継承体験をする機会がなくなる子どもたちにとっては、大きな損失でもあります。

なぜなら、子どもたちが「戦争と平和のこと」を自分の心で感じ、自分の頭で考える機会が奪われていくことなのですから。体験の土台がないと、なかなか自分の頭で考えることが難しい。

そうなっていくと、メディアで流される情報や無責任な危機のあおりに、簡単に巻き込まれていきます。

多数の言っていることを、自分の意見としてしまい、自分の心と頭で考えてないことに、だんだん気づかなくなっていく…。
自分の感受性や考えが、借り物であることに気づかなくなっていく…。

この怠けた心と思考の隙に入りこむのは、「戦争だってしかたない」という魅惑的な囁き。

子どもが自らの感受性と思考を磨くためには、その土台となる体験が、ほんとうに必要不可欠の栄養なのです。
いつもいつも、そう思います。

ですから、ぴーすきゃんどるナイトが、子どもにとって体験的学びの場になっていくように、今年のきゃんどるナイトに変更を加えました。

戦争や平和についての自分の思いや自分の考えを、きゃんどるナイトの場で一言メッセージにしたためる。
そして、その場で森の椎の木(被爆した樹木です)を形どった模造紙に張り付けていく。
そんなささやかなアイデアです。

「こんなことをしますよ†」と、朝倉地域の子ども団体へ参加を呼びかけていきたい。
新たな出会いを創るために。

もちろん参加呼びかけに、すぐ応答があるとは限りません。しかし、諦めずに呼びかけていく。
なぜなら、「呼びかけ」とは、「希望」を語ることなのですから。

今日の会議に参加されたみなさま、お疲れ様でした。今年もぴーすきゃんどるナイトを頑張りましょう!

【釜】






ページ移動