記事一覧

日々の雑感

2021.04.21 (水)

4月も下旬に入りました。劇列車は「どんぐりと山猫」稽古と製作、5月開催予定の2021年度理事会と総会準備にてんてこ舞いしています。

どんぐりと山猫製作関係では、やっと舞台装置が仕上がってきました。昨年11月に製作を開始して、コツコツと約5ヶ月。あとは、やっと微修正の段階に入りました。今からの課題は「塗り」になります。

月曜日に野外にて、ある程度舞台を組んで見ました。大きな不具合もなくホッと一安心。5ヶ月の努力の結晶なので、思わず見入ってしまいます。いい感じです。
目標は、本番での組み立て60分、バラシで50分をクリアすることです。

なんとかクリアできそうか…。

様々な工夫を仕込んだ組み込んだ舞台装置ですが、まだ改善の余地も残しています。
どう素早く組み立ててばらすかは、ヒモやボルト、収納袋の材質や数などにも留意して、その使いがってのよさを工夫することも大切になってきます。

さて、理事会総会準備では、事業報告と事業計画、決算予算が完成しました。

私たち自身の事業について、①人形劇が内包する「民衆性」から見つめ直すこと、②マーケティング(創り手と受け手の共有出来る価値の創造)から見直すこと、③普及啓発と社会包摂の違いを押さえた上で、各事業性格を見直すこと。以上の観点から執筆と議論を行いました。

また、コロナ禍の中でも可能な自主事業を立ち上げ、2020年度に累積した赤字打開の礎づくりも狙っています。

さらに第二次中期ビジョン(アマチュア性を超えたアマチュアによる公演班2チーム編成)に、重大な修正も行いました。

以上の観点から、創造と事業(運動)・組織についての今までの経験を一度オーバーホールし、新たな観点で組み直してみたのです。
そんな事業報告と事業計画になっています。

さて、いろんなことは一つひとつしか進まないのです。
一つひとつのことは、それだけ(表層)を見ていたら、いま何をしているのかわからなくなることもよくあります。

大切なことは何か。
一つひとつの些細なこと(表層)が、何の達成につながるのか、一つひとつのことが何を産み出すのか、未来から今を見る「複眼の眼差し」をもつことではないでしょうか。

その「複眼の眼差し」は、表層に惑わされずに、表層に隠されている本質を見抜く「透視する眼差し」でもあるはずです。

そのような「複眼の眼差し」と「透視する眼差し」こそ、事業(運動)を成していくために、必要な眼差しなのだと思うのです。
それが、事業(運動)を支える実務の眼差しなのだと思えてなりません。

創造と事業(運動)は、いつも弁証法的に発展していきます。
あること(テーゼ)は、次に反なるもの(アンチテーゼ)へと変化し、高次の合なるもの(ジンテーゼ)へと変化していくのです。
その変化の原動力は、「矛盾と対立」そのものにあります。

ですから、表層に囚われてしまうとめげることもあるでしょう。
しかし未来から現状をとらえる「複眼の眼差し」と、表層の奥にある本質を見抜く「透視する眼差し」をもつと、めげずにすむのです。
そのことを「楽天性」と呼ぶのです。

それは、事業(運動)を担う人間が、ぜひとも身につけておきたい力なのだと思うのです。

【釜】






コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー