記事一覧

第22回定期公演

2021.05.29 (土)

第22回定期公演「どんぐりと山猫」は、7月18日(日)石橋文化会館小ホールで開催いたします。

緊急事態宣言延長に伴い、チケット販売開始は宣言解除と同時に販売を開始する予定です。
販売開始日時については、後日広報いたします。

以下はチラシの紹介文「どんぐりと山猫はおもしろい」です。

「どんぐりと山猫を読むとおもしろい。
一郎くんのもとに舞い込む不思議な葉書がおもしろい。森のどんぐりたちと山猫の滑稽な裁判がおもしろい。馬車別当のえたいの知れない不思議さだっておもしろい。

どんぐりと山猫を読むとさびしくなる。森から帰った一郎くんのさびしさは、祭りが終わったあとのさびしさに似ている。不思議な葉書は二度と舞い込まない。まるでそれは、大切な何かをなくしたときのさびしさに似ている。

どんぐりと山猫は奥が深い。童話とあなどると読み手がノックアウトされる。読むたびに印象が違ってくるのはなぜだろう?

そんなどんぐりと山猫を人形劇にしてみました。どうぞ、お楽しみください。」

どんぐりと山猫は、とにかくおもしろいのです。しかしその物語は、侵略する側(人間社会)とされる側(イーハトーブ=森世界)の文化相剋(違う価値観の衝突)を描いたドラマでもあるのです。
そこから、私たちがあたりまえとする価値観を疑ってみたいと狙っているのです。

一方で、「どんぐりと山猫」は滑稽でユーモア溢れる作品でもあります。これは、この作品の魅力の源泉です。

価値観の衝突と、この作品の持ち味である「滑稽さとユーモア」を、どう両立させえるのか?
この二つが融合して、魅力的な人形劇に仕上げることが出来るのか?
厳しい試行錯誤が続いています。

「どんぐりと山猫」は、ファンタジーの外観をまとった哲学的物語であるといってよいのです。
「銀河鉄道の夜」やミヒャエル・エンデの「モモ」がそうであるように…。
ですから、台詞を追うだけでは作品の主題があぶり出されません。

いやあ、大変な作品に取り組んだものです。
分厚い壁のように、私たちの前にたちはだかっています。

まだまだ試行錯誤が続いています。

会館ガイドラインに沿ってコロナ感染防止対策はとっております。

【釜】